はせがわ内科・糖尿病内科クリニック

はせがわ内科・糖尿病内科クリニック|阪急川西能勢口駅前の内科・糖尿病内科

2018年6月1日(金)新規開院

HOME BLOG

冬のお役立ち情報 Vol.3


日本は超高齢社会を迎え、認知症の増加が問題となっています。

糖尿病は認知症の発症リスクであると言われています。糖尿病と認知症に関する疫学的研究としては久山町研究が知られています。その研究では糖尿病ではない人と比べて耐糖能異常、糖尿病の状態では認知症発症率が有意に高い結果となっています。特にアルツハイマー型認知症の危険因子であることが示されています。

糖尿病における認知症発症原因としては動脈硬化、高血糖による酸化ストレス、糖化ストレス(AGEs)の増加、インスリン抵抗性と高インスリン血症、脳内インスリン作用不足、低血糖などの関与が示唆されています。

認知症予防のためには糖尿病や耐糖能異常の早期発見と、低血糖をきたさない範囲でできるだけ良好な血糖コントロールをすることが望まれます。

この度は認知症の前段階と言われるMCI(軽度認知障害)について、栄養療法の観点から当院の管理栄養士がまとめてくれたので御紹介します。

日常生活でお役立てください。

冬のお役立ち情報vol3 ←クリックすると画面が開きます。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ